◇Artlosophy心のヨガカリキュラム

Artlosophy 心のヨガ カリキュラム

あなたはどのステージを目指してますか

–本当の満足を見つける心のヨガ–

……………………………………………………………………….

Artlosophy 心のヨガProgram 実践編

-無駄な活動を減らしエネルギーを高める-

カリキュラムご紹介の前に

カルマ(行為)はカルマ(行為)を増やす。

生命の時間、持てるエネルギー、ファンドの無駄使いに繋がります。行為、とは眼には見えない思考や感情も含んでいます。

無駄なエネルギー浪費をしないことは、本来の目標、目的達成の為に必要ですね。そこで、気づかずに浪費している無駄なエネルギーを減らすのは、目標達成の鍵になる。

___ どうも最近自分は調子が出ず、カラ回りばかりだ、とか、仕事がどんどん増えてしまい、追いつかずストレスが溜まる、

動いてる割には成果が出ない、___

などがある方は、振り返ってみて下さい。

※これは、個人から、企業まで幅広く当てはめる事ができます。

.

◆その原因の大元はどこにあるのか

すっきりと無理のない行動のコントロールをするには、淘汰したり統合されるべき何かが、あります。

やるべきではない仕事に気づき、非効率なエネルギーを減らし、本質的な活動にエネルギーを集中することが出来るようになるか。

それは、単純に優先順位を頭で決断するのではなく、マインドの中にある希望や欲望を統一、削除が鍵を握っているのです。

.

◆How to control

Point 1: 全てをエネルギーとして理解し

使いすぎや足りないものを想像してみます

Check 項目A

•運用可能、定期的に出入りするお金

•自分の時間、スケジュールの組み方

•使っているSNSの数、そのやり方

•心身への理解、その使い方とメンテナンス

•食べ物、食べ方、食べるタイミング

•場所の運用、リモート、オフィス

•人間関係 家族~友人~仕事関係

このなかで、最も重要な項目は、

心身への理解、その使い方とメンテナンス、

です。これは全ての行動を生み出す、記憶、想像、感情、思考(判別、弁別、識別、計算、創造力)の元になっているからです。

.

◆心身コントロールの理解を深める

心の中をのぞいて観るには、いくつかのポイント、コツ、タイミング、などがあります。

心と身体の関係、など、当プログラムで示す理論は、心理学や西洋医学では無い、東洋の哲学、インド哲学と実践的造形哲学を基にしたものです。

プログラムのカリキュラムは、心の仕組みや扱い方を丁寧に紐解きながら、体感で、コントロールを覚えられるように、様々なワークを組み合わせています。

では、以下、プログラムのカリキュラムをご覧ください。

.

心のヨガカリキュラム

プロローグ

仕事/人生、望むステージに行くには?

— あなたは、どのステージにいますか–

人生の四つのステージを識る

ステージに対応した意識とは

意識が上り人生/仕事のステージも上がる

.

◆基本編

1: Why , 何故、心を識る必要があるのか

–人生の問題/課題 当てはまりますか? —

トラウマ/ストレスが多い

感情が乱れ易い

人生に歓び楽しみが足りない

よりよい仕事、実利ら安全が必要だ

健康管理と楽しみをバランスするには

良い人間関係をつくり義務を果たしたい

喜びと義務と人生の成功バランス

社会的責任と個人の幸せを叶えたい

本当の幸せ、究極の平安を探している

.

.

2: What

— Theory Basic 編 —-

◯心の清浄さと満足の関係

希望、欲望と行動の繋がりその理解の仕方

.

◯心の力とは

人生に影響を与える心の弱さ強さ

心の機能の本質

自己意識に繋がるもの

自己意識から宇宙意識に繋がる

揺るがない心の確立

.

◯心の清浄さと満足の関係

希望、欲望と行動の繋がり

満足を生み出す思考回路

.

◯人生のステージ 二つの基本

心の持ち様と生き様、求めるもの

第一ステージ:楽しみ/娯楽/癒し( カーマ)

第二ステージ:実力と安全(アルタ)

.

◯心の機能と身体のつながり

プラクティスが必要な理由

Artlosophy の4 fields について

.

.

◯心の機能 その1 インド哲学より

心の使い手になる為に知るべき知識 - 1

自我 ( アハンカーラ)

知性 ( ブッディ: Intellect )

感情 ( マナス: Think /Emotion )

記憶 ( 心理学の潜在意識との違い)

.

◯心の機能 その2

心の使い手になる為に知るべき知識 -2

記憶 とリセット

思考と、その活動の仕組み

直感と思考の違い

直感の精度

直感と思考の精度を高める食事

.

— Practice Basic 編 —

◯ 身体と心の繋がりを見いだす

A body work

1: イメージトレーニング

2: 呼吸とイメージトレーニング

3: Walkingとイメージトレーニング

4: Heart Voicec観察ワークbasic

.practice は、セオリーと並行して行います。

……………………………………………………….

◆ アドバンス編

事業/ 人生/ 幸福度のステージをあげる

心の使い手になる知識のマスター

.

— Theory Advance 編 —

◯人生のステージ

第三ステージ: 義務、責任 ( ダルマ)

第四ステージ: 達観、気付き、開悟( モクシャ)

.

◯心の本質

自我と自己意識の繋がり

自己意識から宇宙意識への繋がり

宇宙の力と人間の力の関係

生と死

時間と次元

.

◯心の持つチカラ

言葉と思考の関係性

思考と想像の関係性

思考と創造

文法と創造

動機( 基準) の設定

行動の制御 on off start stop

.

◯心と物語の関係性

何故、人々は物語を必要とするのか

感情と、記憶を繋ぎ、改変する力を養う

.

◯心と詩の関係性

何故、人々は詩を必要とするのか

詩は、哲学する力= 想像力を養う

思考、感情の基準を変える

.

— Practice Advance 編 —

◯ 身体と心の繋がりを活かす

A 感覚ワーク Five senses Work

1: Art work : Painting / Drawing

2: Listening / Singing/ speaking /Reading

.

B 知的なワーク Intellectual work ※

1: Thinking / Imagination

Question making work

2: Writing work

3: 行動の制御、感覚器官の制御に必要な思考

4: photography work

基準の変化と結果の相関関係を識る

( 角度、光、場所、視点、次元)

5: Heart Voicec観察ワーク Advance

.

C 実践的ワーク

Life Design planning

Business planning

.

※ practice は、セオリーと並行して行います。

.

.

参考

事業の方向転換に必要なこと

次の次元を目指すために

目指す場所に向かうには、正しいガイドが必要だ

◇意識を変えるVoice Work

◇補助的教育プログラム研修へのガイド

声が人生を創る Artlosophy 心のヨガProgram

お問い合わせ

📩 Contact / about Guide

※ Artlosophy 心のヨガPROGRAM とは、「叡智、Veda( インド哲学の源) の、サンキヤヨーガ(知識のヨガ)、カルマヨーガ(行為のヨガ)、補助学:音声学シクシャーと、アート造形哲学」に基づき、当研究会Juma.で学び易く直した実践のヨガ。
「日常の暮らしや仕事の領域に必要な、独自の心の認識と感覚の扱い方から、思考法、行動」まで、「自分自身の望む人生のステージ」の満足を叶える自己活用法を学ぶプログラム」です。

copyright © Artlosophy