研究室

アートを身近に設え、観賞する真の意味、引き出されるチカラ

◯ 常に 魂の限界を更新する

.

.

何度となく お伝えしている、

アート 、という言葉の語源。

( サンスクリット語 、日本語では真我 )

.

.

美術館に行って観るものは、

本当は

誰かの作品や、歴史や文化でもなく、

自分自身の魂です。

.

.

美術愛好家の殆どは、それを知りません。

.

.

歴史に残った 作品を前に、

その魂が成した、

作品が発するそのエネルギーと向き合いながら、

見つめるべきは、

.

.

自分の魂、

魂の行方、

魂が 放ちたいエネルギーの本質を識るため、気付くためです。

.

.

.

.

誰か、有名な人の作品、作品から発するエネルギーに、出会うためではありません。

.

.

例え 有名な美術館展の観覧であっても、それは、

外見上のことに過ぎないのです。

.

.

私たちに 、身近にアートが必要な理由は

お金には変えられない、

最も価値のある、命、魂に出会うため、であります。

.

.

そうして、

全ての瞬間において、

自らの魂は 生き生きとしてきます。

.

身近にアートが設えてある暮らしは、

だから、素晴らしいのです。

.

是非、好きな作家をみつけ、

あなたの魂を鼓舞する作品を

家庭、リビング、仕事場に設えてみてください。

.

.

毎日、それを眺めることで、

人生を生き生きと生きているか、

その自分の命、魂の輝きの状態をしるバロメーターになります。

.

.