Qatar 🇶🇦 と金融経済と人間の精神

投稿日:

Covit19 、パンデミックは、私にとっても、色々なことを振り返る現実や時間を与えてくれました。

.

昨夜、思い出していたこと。

2018年、10月、巴里に長く暮らした、音楽を愛した兄マテオが亡くなった直後、私はカタールのアートフェスタに参加した。

最愛の兄を失った私は、悲しみに打ちひしがれていて、行きの飛行機✈️の中では、心ここにあらず、到着してから会場となる美術館に出向いたときには、集中力にかけていて、石畳で転び、右目周辺、頬骨、を打ち、眉の辺りを切った。

それで、この写真の私は眼帯をしている。

あまりの痛みに、心の傷みを忘れ、これはむしろ、神の恩寵なのではないか思った。そうやって、悲しみを乗り越えたのを記憶している。

.

このカタール行きは、実は、兄がプレゼントしてくれた。息をするのもしんどい兄が、頑張って来なさい、と、命がけで郵便局に行き私に送金してくれたのである。

.

今日、のトピックはこんな事。

人は、お金と愛は別だと思う人が多い。

けれども、お金の話しとは、

つまりは、愛の話しであり、

信頼の話。

.

信用をこえた愛と信頼が、

お金、というエネルギーを動かす。

愛の温度が高まるとき、

お金の使い道も、

稼ぎ方も違ってくる。

.

いつも思う、

人は、お金のためだけには、働けない。

それはとっても苦しい、今、大多数の方々が感じているように。

.

理想的な働き方は、

個人と世界の調和の為に働けること。^^

Sustainable 、循環経済を意識した働き方もよい。

.

世界がみんなそんな考え方をするようになったとしたら、果たしてこの世界には、助け合いだけがあり、経済戦争もないし、食糧の奪い合いもなく、

お金を創る銀行も、無能な政府も必要ないから、税金という名の搾取もない。

詐欺も、何もかも、お金にまつわる煩わしい全て、金融犯罪者、騙す人、騙される人、も全く存在しなくなる。

加害者も、被害者も居なくなるのだ。

そしてパンデミックで苦しむ人はいない。

#金融経済システム、それそのものが、詐欺のようなもの?と私は考えています。

.

本当に金融経済と言うものは

便利なようで、このように、

様々な問題を、毎日毎日、

たくさん作り出しています。

.

人類に必要な、Paradigm shift… これは、毎日話しても話し足りない。

.

今日のトピック、

これは、単純にお金の使い方、

金融経済の話しではなく

人間の精神の在り方であり、

意識の成長への問いかけである。

本当は、全てが愛の理解、認識、実践の問題、なのではないでしょうか?

.

人が、愛を基準に

生きられるようになったら

人との関わり方、働き方は変わるだろう。

世界は、どんなにか、幸せだろう。

.

この金融経済システムを根幹から見直し、

世界の調和と平和を願う人が、

今、増えているように思います。

あなたは、どのように考えますか?

また、よいシステムや哲学をみつけましたか?

.

そうそう、インドに、アマルティアセン、という1988年ノーベル経済学賞受賞した経済学者がいます。

かつて、この方の本を読み、この現代社会の経済の歪みの理由や、打開策を考える機会となりました。

Wikipedia : 1998年 経済の分配・公正と貧困・飢餓の研究における貢献により1998年にノーベル経済学賞を受ける。

  • Commodities and Capabilities, (Elsevier Science, 1985).
  • On Ethics and Economics, (Blackwell, 1987).
  • Inequality Reexamined, (Clarendon Press, 1992). 『経済学と倫理学 アマルティア・セン講義』徳永澄憲・松本保美・青山治城訳、ちくま学芸文庫, 2016å¹´
  • 『グローバリゼーションと人間の安全保障 アマルティア・セン講義』加藤幹雄訳、ちくま学芸文庫, 2017å¹´

.

よかったら、探して、このテレワークの時期に、金融経済と精神の根本を問い直すきっかけになるかもしれない、彼の本を、参考に読んでみて下さい。

.

Artlosophy 感性教育研究

Founder 齋藤セシリアかおる

.

◯関連記事

Blog

パラダイムシフト

価値観を見直す

価値観は哲学から生まれる

本質的、本物教育を行なうには

Page

🌎 AI時代に必要な教育とは

🌏 Artlosophyが生まれた背景

◾️法人/ 教育機関 の方へ

🌎 Home :なぜ なにを いかに