マインドがつくり上げる幻惑__ 心を清める大切さを識る

投稿日:

The illusion created by the mind__ Understanding the importance of purifying the mind To have a pure mind, to have a pure way of thinking, to purify the mind…

It sounds so simple when we say it, and we think we know it. But how hard can it be to purify the mind? One of the reasons for this is the lack of awareness of the mind. Most people think that the mind is like a cloud. What psychology tells us is not about the mind itself. I think more and more people understand this nowadays.

The most important thing to understand when it comes to purifying the mind is to understand scientifically and philosophically that the mind is not you. I hope you will read this blog imagining that the mind is the most important tool in the creation of our life.

What is a person with a pure heart? In the first place, I think most people don’t really know what a pure heart is. Seriousness and honesty can lead to stubbornness and stubbornness. What kind of energy is stubbornness?

.

Today’s Theme : マインドがつくり上げる幻惑__ 心を清める大切さを識る

The illusion created by the mind __ The importance of purifying the mind

What kind of state of mind can be described as pure of heart? Veda defines one of the conditions of a pure heart as Veda defines one condition of a pure heart as A person who is truly humble. What exactly is the state of humility in the human heart? It is called the Essence of Veda.

The first chapter of the Bhagavad Gita, Arjuna Crying Yoga, begins with King Arjuna crying out to God. Crying out to God is the beginning of the real journey of the soul. “If you are serious about changing your mind and your lifestyle, you will listen to the advice of others earnestly and seriously. This person will listen to the advice of others earnestly and earnestly, or will be able to find the truth in an unfavourable event and receive gratitude from others. Such a person is a true humble person.

This is the state in which one’s attitude is set for the purification of the heart. I think it is fortunate for those who are faced with the darkness of their own heart and who are aware, who are able to perceive, “I can’t do this anymore, I can’t be like this. This is because no self-improvement can start without reflection.

◯ Reflect on the state of your mind If you feel that your mind is still not clean, you should look back at your life. If you feel that your mind is still not clean, you should look back at the way you have been living your life, and you will find that your mind has become confused at times, and that small things have developed into big things. To purify the mind, to put the mind at rest, it’s really that simple in the sense of the word, isn’t it? But what about the reality? You can imagine that it is not easy. And yet, people are ridiculously tricky creatures who only know the meaning of words and think they understand them. 😆 .

What can we do to stop our brains from wandering through this illusion? . . Get out of the fantasy world We all know how important it is to keep our minds healthy, but we feel it’s abstract. So most people don’t know exactly what to do or how to do it. Most of the time they are unaware that they are living in a world of delusion and illusion. But they are aware that it is inconvenient, and for thousands of years, in the past and the present, in Japan and in the world, everyone has been looking for it. In order to get rid of the problems of the mind, in modern times, instead of joining a religion, everyone is making some kind of effort, healing, therapy, counselling, coaching, some spells, etc. It’s a bit like religious practice in the old days.

But the important thing to remember is that you should be able to judge “what the practitioner is trying to achieve and whether they have the right knowledge to guide their clients in the right direction”.

We have to ask ourselves: ‘How seriously do I want to change my consciousness, how seriously do I want to take the knowledge and practices offered to me by someone else, and how seriously do I want to make a real effort to change myself and not just rely on my teacher? There have always been people who are said to be practitioners who have been working according to the legitimate stream of a certain traditional sect, and they have spent their whole lives practising to purify their minds.

Of course, there are still many such people, but the more essential they are, the less visible they are. But the more essential they are, the less likely they are to come out, because in this day and age, commercialism is the opposite of the essential path. It is difficult to know what path to take and who to choose as a teacher. You don’t necessarily have to choose a religious path.

Because When you go through religion, you find that science and spirituality go together. So you can choose a knowledge and a method that integrates spirituality and science.

There are three major religions that are well known all over the world, Christianity, Buddhism and Islam. Religions are supposed to be the ones where the guru is not just there to teach ethics, but more simply to focus most of all on the bulletin of the human spirit and consciousness, and then to unravel the truths of the universe about what we should follow in order to improve our lives.

Each religious sect has its own bible, its own scriptures, its own set of instructions on how to live according to the times and regions in which the gurus lived. If you read them carefully and carefully, even if there are differences in the angle of the words used because of the differences in culture and the sense of life, you will be able to see clearly that there is no essential difference as long as they aim at human happiness, but rather they aim at a common way of being for human happiness.

I think we can all see that. There is a lot of talk in the world these days about diversity, about recognising the differences in the way people think and live.

But the truth is that it is better to look for the common happiness of all human beings. In my opinion, it would be much easier to turn our society in the right direction, without the distraction of thoughts and feelings.

“Many of you may have noticed that “there are countless religions, and their gurus use different words, but they all say the same thing. I noticed this when I was 17 years old. I was 17 years old when I noticed it, and there are many people around me who have noticed it too. . . Now let’s imagine our mind again. What’s going on in our minds all the time? Our minds are really busy.

Usually, when something is a bit unacceptable, we feel that we don’t want to lose, we want to gain, we want to be accepted, we want to be denied, we compare ourselves with others and think that we are doing well. It can be difficult to find peace of mind. It can be difficult to keep your mind calm and pure… don’t you think?

This can lead to self-deprecation, or unwittingly to arrogance and resentment, which can make things difficult and make us feel that we are not what we are supposed to be. They may have wrong impressions of other people, they may not be able to get along when they should. These problems in the mind of the individual can lead to problems in the family and then to problems in the society as a whole.

Why is it that when we try to solve a problem, the problem is not solved? The only motivation for doing things is from a negative angle, and that is a state of uncleanliness. . . . Two things you can do to purify your mind There are two main things we need to do to purify our mind.

It’s so simple, you might think, “What? You may think it’s too simple. But it will take a lot of determination to do it. And you need to take the time to acquire it. Nowadays we tend to try to understand everything quickly, to get it done, to shape it, but the more time you take, the better it will be. But the more time you spend on it, the better it will turn out, and the less time you spend on it, the more it will break down in a short time. First. ” To understand intellectually the specific theory of what the mind is and how to purify it, and to be able to pull it out of the drawer and use it at any time.”

Our brains are made up of systems that allow us to be occupied with the information that is right in front of us. Unless we put into our minds the theory of how to purify and govern our minds on a daily basis, our minds can easily be occupied by information and events that are not important. You have to make a habit of putting in the right knowledge every day.

“To know what to do concretely in daily life based on the theory, and to do it. This is the equivalent of ritual in the old days. What I mean by this is: “In the morning we start by giving thanks to the sun and to the God we believe in. The first thing to do is to think about how we are going to spend our day. Then I clean, wash, prepare meals, etc., and go to work.” This may sound like a trivial thing, but it is actually a very important ritual to enrich your life in a real way.

And this corresponds to the second of the six disciplines that house the Veda. There is also the work of listening to the heart to shake off the darkness of your own mind, which is the first of the six disciplines. For those who are able to do this to some extent, there is also work to reform your thinking and your image of yourself.

The relationship between the Artlosophy concept of this study group and these two cuts The Buddha and the Christ have taught their disciples various practices and things to be careful of in life so that they can contain their mind and create a happy life from these two angles. Today’s spirituality enthusiasts call it therapy work or healing work. If you look at people who are living better lives, you will see that they always take care of these things.

The sensibility education research Artlosophy that we teach here at the study group is “The practical methods of Veda and Yoga, which are scientific theories that have been accepted by various religions”, and “It is a modern version of the Self-Integration Method, which combines the scientific theories of Veda and Yoga, which have been accepted by various religions, and the theories of Formative Education, which have been cultivated through the practice of human art education, to promote self-improvement.

“It is a method of self-integration. Of course, we don’t live alone in our lives, so even if we do these methods inside ourselves, we still need to understand and have the right relationships with people, and we will soon become deeply aware of the tangible and intangible benefits we receive from them. We need to have a proper relationship with people and understand them.

So the best way to purify your mind is When you think negatively about someone, question your own mind. This is the first and foremost trick, the timing of the awareness that is needed to purify the mind.

Finally, once again, the mind is not your own. The mind is your tool. It is your tool. It does not mean that you are dirty. You have to understand that. So, why don’t you think seriously about how to control your mind? Yes!

◆ ◆ ◆

We have to deal with our mind until we die. So what will happen if we don’t get our minds in order? We all know that, don’t we? There is no end to the work of preparing the mind. But if you are well trained, you will be able to keep your mind pure without much difficulty, because these two things will be ingrained in your habits. An introductory course in Yoga of the Mind is designed to give you the knowledge, theory and practice you need to keep your mind pure.

This course is designed to give you the knowledge, theory and practice you need to keep your mind pure, including the elements that make up the mind and how they work together. . . Once you have learnt and mastered the basics of mindfulness, and you feel good about it, you may want to be able to pass it on to others. I believe that what I have learnt needs to be organised and communicated to everyone in a way that is easy to remember, which is why I have done this educational research and set up the various courses.

As I have said many times before, it takes time to acquire knowledge and to put it into practice, but the more time you put into it, the more it will become a solid treasure for you.

Saito Cecilia Kaoru

copyright © Artlosophy 2021

マインドがつくり上げる幻惑__ 心を清める大切さを識る

純粋な心でいる、清らかな考え方を持てるようにする、心を浄化する、… 言葉にすると、とても簡単に聞こえ、わかっているようなつもりになります。しかし実際、心を清めると言うのは、どれだけ大変なことでしょうか。

その原因の1つに、心に対する認識がよく浸透していないことにあるでしょう。心それは雲をつかむようなものとほとんどの人が思っているのではないでしょうか。心理学で伝えている事は、心そのものについて述べているわけではありません。そのことを理解している方は最近では増えたと思います。

心を清めると言うことを理解するにあたり、最も大切な認識は、心=あなたではない、この事実を科学的、哲学的に理解することです。

心は、私たちの人生を作り出す道具の中で最も大切な道具だ、と想像しながら、このブログを読んで下さると良いなぁと思います。

◯心が清まった人とはどんな人の事?

そもそも、ほとんどの人は、心が清まった状態と言うのはどんなものか、それ自体がよくわかってないのではないでしょうか?

真面目さ、実直さが、かたくなな頑固さにつながることがあります。頑固さとは一体どのようなエネルギーでしょうか。

一体どのような心の状態が、心が清まっている状態と言えると言うのでしょうか?

心が清まった人の1つの条件を、

Veda は、こんなふうに定義しています。

本当の意味での謙虚さを湛えた人。

ここでいう人間の心の謙虚さとは、具体的には、どんな心の状態でしょうか。

Essence of Veda と言われる、

Bhagavad Gita の第1章が、Arjuna Crying Yoga 、それは、アルジュナ王が神様に泣きを入れているところから始まります。

神様に向かって涙を流す事から、本当の意味での魂の旅路が始まると言う意味です。

“ いよいよ本気になって、自分のマインドや自分のライフスタイルの全てを改めたい” 、と思った人、そんな人はひたむきに、真剣に、人のアドバイスに耳を傾けるでしょう。あるいは、自分にとって都合の悪い出来事から、真実を見つけ出し、相手に対して感謝の気持ちを受けることができるでしょう。こうした人が本当の謙虚さを持った人といえます。

これが、心を清めるための1つの姿勢が定まった状態といえます。

自分の心の暗闇に直面して、いよいよもうこれはダメだと、こんな自分ではダメだと、自覚した人、知覚できるようなことに直面した人は、ある意味幸いだと思います。

何事も反省なく、自己改革はスタートしないからです。

◯心の状態を振り返る

まだ心が清まっていないなぁと感じる人は、これまでの自分の生き方をつぶさに振り返ってみましょう。すると、ちょっとした時に心がぶれてしまって、その小さなことが大きなことに発展してしまったことなどを思い出すでしょう。

心を収める心を清める、本当にそれは言葉の意味だけでは簡単ですよね。でも実際はどうでしょう?簡単ではないと、想像がつくと思います。それでも人は、言葉の意味だけ知って、理解したようなつもりになる、とんでもなく厄介な生き物です。😆

この幻想をさまよっているような、頭脳の働きを止めるには、どうしたら良いのでしょうか?

.

.

幻想の世界から抜け出る

誰もが、心を健やかに保つ大切さをわかっていても、それは抽象的に感じているのではないでしょうか。だから、具体的に何を、どのようにすれば良いのか、ほとんどの人がしりません。

自分が妄想の世界で幻想の世界で生きていることに気がつかないでいる場合がほとんどです。それでもそれが不自由だと言う事は自覚していて、古今東西、もう何千年にわたって、日本でも世界でも、みんながそれを求めているのですね。

心の問題を取り払うために、現代では、宗教に入信する代わりに、みんな何かしらの努力、ヒーリング、セラピー、カウンセリング、コーチング、中にはおまじない、などなどをしています。それは昔で言えば宗教的な行為と同じようなものです。

しかし重要な事は、”その指導者がどのようなことを目的にしているか、そして正しい知識を持って、正しい方向に自分のクライアントさんを導けているかどうか” 、それは判断すべき大切なポイントです。

私たちは、『どのくらい真剣に自己の意識改革を求め、誰かに差し出された知識や実践方法を、どれくらい真剣に取り組み、自分の先生にただ頼るだけではなく、本当に自分を変えようと努力できるかどうか』です。

昔から、ある伝統的な宗派の正当な流れに従って、活動してきた修行者と言われる人達がいますが、彼らは生涯をかけて、心を清らかにするために修行しています。

もちろん、今でもそのような方たちがたくさんいますが、その人たちが、本質的であればあるほど、あまり表に出てくる事はないでしょう。それは、この時代におけるでコマーシャリズムとは相反する本質的な道だからです。

どのような道を歩けば良いのか、誰を先生として選べば良いのか、悩むところですが、

必ずしも宗教の道を選ばなければいけないわけではないでしょう。

なぜならば

宗教を突き詰めると、科学と霊的なものが合致している、と気づくからです。

だから霊的な事と科学が統合された知識とメソッドを選べば良いのです。

世界中でよく知られている三大宗教、キリスト教、仏教、イスラム教、があります。

宗教とは、教祖が単に倫理的なことを教えるためだけに居たのではなく、もっとシンプルに、人間の精神と意識の会報に最も焦点を当て、それから生活をより良くする整えるために、どのようなことを守れば良いかということを宇宙の真理と照らし合わせて紐解ける人のはずです。

それぞれの宗教の教祖たちが生きた時代、地域によって説かれてきた生活の指南書が、各宗派が持っているバイブル、聖典、ですね。

それらをよくよくひもとき、熟読すれば、文化や生活感が違うので、使う言葉の角度の違いがあったとしても、人間の幸福と言うものを目指している以上、ここに本質的な違いはなく、むしろ人間の幸福のための共通な在り方を目指しているのが、よくよく見えてくるのではないでしょうか。

近ごろ、世界では、ダイバーシティーと言う考えが盛んで、人それぞれの考え方や生き方の違いを認めようと言うことを目標にしているようです。しかし真実は、人間の共通の幸せはどこにあるのか?と言うことを探した方が、思考や気持ちの乱れもなく、もっと簡単にこの社会を良い方向に向けられるのではないかと、私は考えています。

“ 数え切れないほどある様々な宗教、その教祖たちは異なる言葉を使ってはいますが、結局同じことを言っている” 、と気づいている人もたくさんいらっしゃるでしょう。私がそれに気づいたのは17歳の頃です。そして私の周りにも、そのことに気づいている人はたくさんいらっしゃいます。

.

.

さてもう一度ここで、私たちの心について想像してみましょう。

私たちの心はいつも何が起きてますか

私たちの心は、本当に忙しく揺れ動いています。普段、何かちょっと受けられないことがあると、自分は絶対に損したくないと言う思いが沸き起り、得をしたい気持ちに右往左往してしまったり、自分を認めてもらいたかったり、否定されてるような気持ちになったり、知らず知らずのうちに他人と自分を比較して自分はできていると思ってしまったり、します。

なかなか心を平らかに清らかな状態に保つのは難しい… と感じているのではないですか?

そういうことがあると、自分を必要以上に卑下してしまったり、逆に知らず知らずのうちに横柄な態度や憮然とした態度になってしまい、物事を難しくしてしまい、こんなはずではなかったなぁと思う人たちは、いらっしゃるのではないでしょうか。

また、他人に対する間違った印象を持ったり、仲良くできるはずのものができなくなったり、と言うことが起きているのではないですか。

そして、この一人ひとりの心の問題が、家族内の問題を起こし、そしてこの社会全体に蔓延する問題へと発展してしています。

問題解決しようとして、問題が解決されない、その理由はどこにあるのでしょうか?

ネガティブな角度からしか物事を動かす動機がない、その状態こそが、心が清まっていない状態、と言うのです。

.

.

.

心を清めるために行う2つのこと

心を清めるためには大きく分けて2つのことが必要です。それはあまりにもシンプルで、え?と思うかもしれません。だけどこれを実行していくには、それなりの決心が必要でしょう。そして、それを獲得していくには、時間をかける必要があります。

今どきは何でも早く理解し、片付けよう、形にしようとしがちですが、時間をかければかけるほど、それは必ず良い方向に向かいます。時間をかけずにやった事は、短い間に壊れてしまいます。

一つ目

“ 心とは何か、心を清めるにはどうしたら良いのか、それについて具体的な理論を知的に理解し、それをいつでも引き出しから出して、使えるようにすること。”

私たちの頭脳は、目の前にある情報に占領されるようなシステムでできています。日々、心を清め治めるにはどうしたら良いかと言う理論を頭の中に入れない限り、どうでもいい情報や出来事に、頭の中は簡単に占領されてしまうのです。正しい知識を入れる習慣を日々作ることです。

ニつ目

“ その理論に基づいて具体的に日常生活の中で何をやればいいのかを識り、それを実行すること。”

これは昔で言えば、祭祀に相当します。

どういうことかと言えば、” 朝は太陽や自分の信じる神様に向かって感謝することから始まる。そして今日1日をどう過ごせば良いのか、そのことを心に留めること、第一に始める。それから掃除洗濯食事の支度などなど行って仕事に向かっていく。”

これは何でもないことのようですが、実は人生を本当の意味で豊かにするには、とても大事な祭祀と言えるのです。

そしてこれはVedaを収める6つの学問の中で2番目に相当します。

また、自分自身の心の闇を振り払うための、心の声を聞くワークがありますが、それはその学問の中の1つ目に相当します。それがある程度できるようになった人には、自分の考え方や自分に対するイメージを改革していくためのワークもあります。

.

この研究会のArtlosophy のコンセプトとこの2つの切り口の関係性

仏陀やキリストは弟子たちに、このように、2つの切り口から心を収め、幸せな生活を作っていけるように様々な修行法や生活の中で気をつけるべきことを伝えてきました。

現代のスピリチュアル好きの人たちは、これをセラピーワークとかヒーリングワークとか名前を変え行っています。よりよく生きていらっしゃる方を見ていると、必ずこのようなことを大事にしていることがわかると思います。

ここの研究会で伝えている感性教育研究は、

“ 様々な宗教に受け入れられてきた科学的な理論であるVedaとYoga の実践法” と、

“ヒューマンアート教育の実践活動において、培った造形教育理論” を組み合わせ、自己改革を進める現代版の、自分自身により自分自身を収めることのできる、” セルフインテグレートメソッド” と言えますね。

もちろん、私たちは人生の中でたった1人で生きているわけではないので、このようなメソッドを自分の内面で行っていたとしても、人々との関係性を正しく持ち理解する必要があり、またその人たちから有形無形の恩恵をうけていることに、やがて深く気づいていくことになると思います。

そこで心を清めるために最大の近道は

誰かをネガティブに思う時、

自分自身の心を疑ってみる。

これが心を清らかにするまず第一番目に必要な気づきのタイミング、最大のコツです。

最後に、もう一度、心はあなた自身では無いのです。

心はあなたの道具です。

だから心で悩んだこと、

心で汚いことを考えたこと=あなたが汚いわけでは無いのです。

そのことをよく理解してくださいね。

そしてどうやって心を収めたら良いのかについて真剣に考えてみませんか?^^

◆ ◆ ◆

私たちは死ぬまで自分の心と付き合わなければいけない

だとしたら、心が整えられていなかったら、一体何が起きるのでしょうか?それはもうみんなわかっているのではないでしょうか。

心を整える、このことに終わりは無いのです。しかし十分に鍛えられた人は、この2つの事柄が、習慣として身についているので、さほど苦労せずに、心を清らかに保つことができるようになるでしょう。

心のヨガの入門講座は、心を清らかに保つために必要な知識、理論と実践のやり方を伝えるために用意しています。

例えば心を構成する要素、それらひとつひとつの働きなどなどです。

.

.

そうやって基礎から心の整え方を学んで身につけ、それが良いなぁと思った人が、それを、次に誰かに伝えられるようになりたいと思われる方もいるでしょう。

私が学んできたことを整理して覚えやすい形で皆に伝える必要があると思い、この教育研究を行い、各種コースを設けています。

何度も申し上げますが、知識の習得し、落とし込むには時間をかける必要がありますが、時間をかければかけるほど、それはあなたにとって確固たる宝物となるでしょう。

Saito Cecilia Kaoru

copyright © Artlosophy

📩 Contact / about Guide

.

.

Page

⭐️セッション/ コンサルサービス

⭐️ 心のヨガ専門ガイダンスコース

⭐️心のヨガ 入門講座

⭐️アート専門ガイダンスコース