謙虚さってなんだろう? 自信って何かな?ポーズを超えて

投稿日:

Happy Friday 今日は金星の金曜日、

芸術、美を司る曜日ですね

.

.

◯ 今日のテーマ

精神性はポーズから作ることができない、と言う話

.

.

昨日は北鎌倉にあるギャラリーを訪ね、

京都在住の作家 Fukui さんの作品を拝見し

いろいろ話を伺ったことで、

そんなことをもう一度、振り返りました。

謙虚さってなんだろう?

自信って何かな?

日本人作家であるということ、とは?

.

.

真の謙虚さや自信は振る舞いやポーズには無い。

それは自然と醸し出されるもの、

空気のようににじみ出てくるもの。

人は、作家である前に

 この宇宙を作った至高の存在と

常につながっていることが大事

人間の中に潜んでいる創造性は、

あまりにも偉大で、

それに生かされていると言う自覚が

深まれば深まるほど

それは自然とにじみ出てくる

それが作家としての、

最も大切な基盤を作る

.

.

.

.

これらの作品は三〜ニ年位前に、

集中して行っていたもので、

日本人としての土着性についてと

自分の精神性と自分なりの個性、

作品との統合について

よく考えていた時期なものです。

このように、面白いもので、考えていることが、作品の中に投影されますよね。現在私はここの領域を超えて、音楽と絵画を結ぶものと言う事を研究しています。

やがてそれが、このセシリア特有の日本人らしさや土着性に戻って制作をしたら、次にどんな作品が生まれるのか楽しみですね。

.

.

昨年、ロンドンに行った時、日本大使館の女性に、アドバイスをいただきました。

“あなたの様々な作品の中で、ロンドンや世界に紹介するには、このセシリアのジャポニズムの切り口は、ヨーロッパの室内建築にも、耐え得るものだろう。日本の芸術は、世界の中で確固たるジャンルを築いている。このテイストを磨いてもらいたい。” と。

その後パンデミックで、ヨーロッパでの個展の計画など、ちょっと棚に上がってしまって、

他のチャンネルで制作をやっていますが、

やっと日本で個展をしたい場所が見つかりました。まだできるかどうかわからないけれど。。。

.

私は個展会場を選ぶときには、

気に入った空間で行いたいと思っています。

と言うのも、

その場にはその場特有の波動がある。

だから、展示される作品は、

その空間やオーガナイザーの考え方ありきで、

私が持っているレシピの中で、

様々に変化させます。

柔軟な作曲家は、室内楽、室内楽、ピアノ曲、バイオリン曲、弦楽四重奏、ピアノ協奏曲、オペラ、etc 、また時に小唄、長唄、民謡、童謡、様々なものをつくります。私もそのような作家でありたいと考えています。

でももっと突き詰めて言えば、どのような場所にもフィットする普遍性を備えた作品を作れるようになりたいと思っています。

.

それは、今お腹を空かせ

何かを食べたいなと思ってる目の前の人に、

その人にとって心にも体にも良いような料理を

宇宙の創造の力を使わせていただいて

普遍性と寄り添いながら作るようなものだと。

芸術作品は本来装飾を超えたものでないといけないでしょう。

なぜならそれは

五感から入れる精神の食べ物だからです。

精神をもっと磨き高めていかないと、ですね。

作品の中には

自分の波動すべてが入ってしまうから。

これが私が20年前に動物を食べることをやめた、最大の理由でした。

Saito Cecilia Kaoru

.

.

.

Happy Friday Today is Venus Friday.

It is the day of the week for art and beauty.

.

.

Yesterday we visited a gallery in Kita-Kamakura.

Yesterday I visited a gallery in Kita-Kamakura to see the work of a Kyoto based artist Fukui , and talked to him about many things.

I had a chance to think about this again.

What is humility?

What is self-confidence?

What does it mean to be a Japanese artist?

.

.

True humility and confidence are not in the way you behave or pose.

It is something that comes naturally.

It’s something that oozes out of you like air. 

One is a writer before one is a writer.

 It is important to always be connected to the supreme being who created this universe

It is important to always be connected

The creativity lurking within every human being is Is so great , And the more we are aware that we are alive to it

The more we are aware of it

the more I am aware that I am alive to it, the more it oozes out of me. That is the most important foundation of a writer.

.

.

.

.

These works were done about three or four years ago, .

I was concentrating on about the indigenous nature of the Japanese people and

about my own spirituality and my own

I was thinking a lot about my own spirituality, my own individuality and the integration of my work. and the integration of my spirituality, my personality and my work. It was an interesting time.

It’s interesting what you think about is projected in your work. I’m currently working on something that goes beyond this area, something that connects music and painting.

Eventually, this will lead me back to the Japanese character and indigenous nature of Cecilia’s work, and I’m looking forward to seeing what she creates next. 

.

.

When I went to London last year, a lady from the Japanese Embassy gave me some advice.  .

“Among your various works, to introduce  to London and the world , this Cecilia’s cut of Japonism  would stand up well to European interior architecture. Japanese art has established itself as a solid genre in the world. We hope that this taste will be refined.” And.

Then, with the pandemic, plans for a solo show in Europe, etc., went up planning Idea spot in my mind .

I’ve been working on other channels .

I’ve finally found a place in Japan where I want to have a solo show. I don’t know if I can do it yet. .

.

When I choose a venue for my exhibition, I want to do it in a space that I like.

Because…

The space has its own vibrations.

So the work that is exhibited

the space and the idea of the organiser.

It’s a recipe that I have.

I have a recipe, which I will change in various ways.

Flexible composers create chamber music, chamber music, piano music, violin music, string quartets, piano concertos, operas, etc. and sometimes kouta, nagauta, minyo, nursery rhymes, and many other things. I would like to be one of those composers.

But more to the point, I would like to be able to make work that has a universality that can fit into any place.

.

It’s like, now I’m hungry.

I’m hungry and I want to eat something.

I will make a dish that will be good for you, good for your body and good for your mind.

We use the power of the universe to create.

It’s like creating a dish that is in harmony with universality.

A work of art should be more than a decoration.

Because it is 

It is the food of the spirit that we put in through our senses.

We need to refine and enhance our spirit.

In the work

because it is the food of the spirit that we put in through our senses. 

This was the main reason why I stopped eating animals 20 years ago.

.

.

Saito Cecilia Kaoru

Cecilia K Art & Design Studio

copyright © Artlosophy

.

#Japanese_Artist

#Tokyoうまれ

#Vegan

#Universal_Diet

#Universal_Standard

#平安な心

#平安や精神は精進料理で育まれる

.

⭐️ 心のヨガ専門ガイダンスコース

⭐️Artlosophy 総合ガイダンスコース/ライフデザインコース

⭐️セッション/ コンサルサービス

⭐️心のヨガ 入門講座

.

.

📩 Contact / about Guide

.

.