アートワークで、どんなところにたどり着くの?What kind of place do you reach with artwork Program ?

投稿日:

優しい気持ち Ennio Morriconeを聴きながら
Cecilia K Art & Design Studio

.

.

今日は、感性教育研究のアートワークの少し深い部分についてお話ししていきましょう。

( このプログラムは、個人セッション、各種ガイダンスコース、で体験できます)

.

.

.

最近、私は音楽と絵画をつなぐ道がしっかりつながって、音楽を聴きながら絵を描いています。それはつまり自分の感覚器官の、別々に働いていたと思われる視覚と聴覚が統合され、一緒に手をつないで働くようになった、ともいえます。

絵画を描いているときに、曲目により、また演奏家により、その雰囲気は様々で、それにより私が感じるとることが違うので、” 同じ人が描いたのですか?” と言う程、違った絵画ができあがるのは、なかなか面白いことです。^^

.

.

アートワークで、どんなところにたどり着くの?

◯絵を描くと言うのは料理と似ています

よく音楽家や芸術家はお料理もうまいと聞きますが、それはとても頷けます。それは、五感と身体と心、感情などが自然に統合されているからですね。

絵画にもいろいろあり、さっぱりとした絵画、こってりとした絵画があります。

私たちは、さっぱりしたものが食べたい時、こってりしたものが食べたい時、だけど健康に良いもの、心から満足できるものを食べる事と似て、心身を満足させる絵を描きます。

.

.

私が今、アート制作で心がけている事は、心の中で感じていること、つまり感情や思考に忠実である絵画を描くことですが、私たちの心はその時々により、求めるエネルギーが違います。

絵画におけるエネルギーとは、色彩、構図、テクスチャー、モチーフ、様々なものがミックスした、異なる波動エネルギーを指します。

.

.

◯ 豊かな表現と感情のモード

感情モードの幅が広い人、感情の周波数を敏感に感じ取れる人、多角的に物事を考える人、自分の規制概念を壊すことをいとわない人は、自然といろいろなタイプの絵を、豊かな表現で描くことになるでしょう。

様々な料理を作るのと同じように。

私たちは、このことを利用して、強いイメージ、アクティブなイメージ、優しいイメージ、繊細なもの、静かなもの、などなど、いろいろな表現を意図的に試みることで、自分の思考パターンを壊したり、考え方は広がっていくこともできます。

また、絵を制作する事は歌を歌うことや、楽器の演奏と似ています。私の、亡くなられた友人、桐朋学園音大の1期生であり、世界的なピアノ指導者であった髙橋従子さんは、” 演奏するときに感情を達観するように。” と話していました。

歌を歌うときには、感情に飲まれていたら、

自分の発声を聞き取れないように、実は絵画を制作する時も、描こうとする前に感情を達観する姿勢が大切です。

心を込めることは大切ですが、それは感情に飲まれることとは異なります。

良い演奏や良い絵画には、感情が湧いてきた源や、その感情を昇華させる場所や世界観など、多次元的な意識が働き、普遍的な意識を持って表現しています。

こうした気持ちの確認や、アート制作の姿勢は、実は日常にも非常に役に立つのです。

.

◯ 感性教育アートワークとセラピーとの違い

1つ注意して読んでもらいたいことがあります。

自分の作品を描くことと、セラピーとは根本的に違うと言うことです。

時たまこのように考える方がいます。

“ 他人の評価は気にしないで絵を描きたい”

これはどういうことでしょうか?

このことをちょっと考えてみましょう。

作品を描くことと、セラピーアートは全く性質が違います。目的が違うのです。

すごく簡単に言えば、セラピーアートでは、できるだけ感情をぶつけても良い、というか描き方があります。

一方、本当の意味でのアート制作は、そうではありません。

アート制作と言うのは、その人自身の持っているユニークネス、独自性、個性でその人にしか感じられない世界観を表すのが本来だからです。

ですので、もしまだあなたが、他人の評価を気にしないと言う事が基準になっているならば、知らず知らずのうちに、その考え方は絵の中に入ります。

しかし、これはだめです!と言う事ではなく、それをあえて行うなら、これが所謂、自分の感情を吐き出すために描くセラピーアート、ヒーリングアートです。

感性教育におけるアートワークは目的の次元が違う、ということを覚えておいてください。

.

.

◯ 感性教育のアートワークが目指す場所、たどり着く場所。

“ アートワークは、取り組み方次第で、大切なことに気づかせてくれるようだ!” 勘の良い方はここで気づいたと思ろうのですが、その通りです?

アート制作するときの姿勢が日常の意識の保ち方や、自己観察能力を高めるのに、とても役立つのです。

このアートワークは、感性教育の4つのポイントの3番目のフィールドである、セオリーを確認しながら実施することで、感情と知性と統合され、以下のようなベネフィットが生まれます。

❶自分のマインドのモードを確認ようになる

❷ベストな思考モード感情モードにチューニングが習慣となる

❸ベストな感情と思考モードを外したときにそれに気がつけるようになる

❹1番ベストなマインドモードポジションにキープできるようにする

①感覚器官、②身体を使う、③知性( 想像力、創造性、あらゆる判断) を使う

感性教育のアートワークではこの3つを揃えて自己統合が高まるよう目指します。

Saito Cecilia Kaoru

Founder of Kansei Education Research Artlosophy / Juma . Representative

Copyright © Artlosophy

アートガイドに関心のある方は、当研究会のアート専門ガイディングコースがあります。

ガイドを受けたい方は、コンタクトよりご連絡ください。個人セッションなどがあります。

⭐️アート専門ガイダンスコース

⭐️セッション/ コンサルサービス

.

📩 Contact / about Guide

.

アートワークで、どんなところにたどり着くの? What kind of place do you reach with artwork Program ?

What kind of place do you get to with your artwork?

Today we are going to talk about a slightly deeper aspect of artwork in Kansei Educational Research.

Lately I have been painting while listening to music, because the path between music and painting is now firmly connected. This means that my sensory organs, sight and hearing, which used to work separately, are now integrated and work hand in hand.

When I am painting, the atmosphere varies from piece to piece and from performer to performer, so that what I perceive is different, to the extent that I ask myself, “Was it painted by the same person? It’s quite interesting to see how different the paintings can be. .

.

.

Painting is similar to cooking.

I often hear that musicians and artists are good cooks, and I agree. It’s because the five senses, body, mind and emotions are naturally integrated.

There are many kinds of paintings, some are light and some are rich.

When we want to eat something light or rich, we paint a picture that satisfies our body and mind, similar to eating something healthy and satisfying.

.

.

What I try to do in my art now is to create paintings that are true to what I feel in my heart, to my feelings and thoughts, but our heart needs different energy at different times.

The energy in a painting is a mixture of colours, composition, textures, motifs and different vibrational energies.

.

.

◯ Richness of expression and emotional modes

People with a wide range of emotional modes, people who are sensitive to emotional frequencies, people who think from multiple perspectives, people who are willing to break their own regulatory concepts, will naturally paint different types of pictures with rich expressions.

It is the same as cooking different types of food.

We can also use this to break our own patterns of thought and expand our thinking by deliberately experimenting with different types of expression: strong images, active images, gentle images, delicate images, quiet images, etc.

Painting is also similar to singing or playing a musical instrument. My late friend Toho Gakuen’s first student and world-renowned piano teacher, Ms. Yoriko Takahashi, used to say that when you play, you should be aware of your emotions. She told us

When you sing, if you are consumed by your emotions

Just as when you sing, if you are consumed by your emotions, you will not be able to hear your own voice, so when you are painting, it is important to be aware of your emotions before you start.

It is important to put your heart into it, but this is not the same as being consumed by your emotions.

A good performance or a good painting expresses a universal awareness, a multi-dimensional awareness of the source of the feelings, the place and the world in which they are sublimated.

This kind of confirmation of feelings and attitude towards art making is actually very useful in everyday life.

.

.

◯The difference between sensory education artwork and therapy

There is one thing that I would like you to read carefully. There is one thing you should read with caution: painting your own work is fundamentally different from therapy.

Sometimes people think in this way.

“I want to paint without worrying about what other people think”.

What does this mean?

Let’s think about this for a moment.

Painting and therapeutic art are two very different things. They have different purposes.

To put it very simply, after therapy, it’s okay to let your emotions out as much as possible, or rather, to draw in a certain way.

On the other hand, art making in the true sense of the word is not like that.

Art making is about expressing the uniqueness, the individuality, the individuality of a person and the world that only that person can feel.

So if you are still based on the idea that you don’t care what other people think, then that idea will unwittingly enter into your painting.

Quite simply, therapeutic art has an approach that allows you to be as emotional as possible.

It is important to remember that art work in sensory education has a different dimension of purpose.

.

.

◯Where does sensory education artwork aim and reach?

” Artwork seems to make us aware of important things, depending on how we work on it!” Those of you who have a good intuition will have noticed here that it is true?

The posture in which we make art helps us to maintain our daily awareness and to improve our self-observation skills.

This work of art, while confirming the third of the four fields of sensory education, the theory, integrates the emotions and the intellect, producing the following benefits

You will be able to identify the mode of your mind.

❶It becomes a habit to tune into the best mode of thinking and feeling.

❷You will be able to recognize when you are out of your best mode of feeling and thinking.

❸To be able to keep yourself in the best possible mind-mode position

And ..

(1) Use your sensory organs, (2) Use your body, (3) Use your intellect (imagination, creativity, all kinds of judgment)

In the art work of sensory education, we aim to align these three to increase self-integration.

Saito Cecilia Kaoru

Founder of Kansei Education Research Artlosophy / Juma . Representative

Copyright © Artlosophy 2021

.

.

If you are interested in being an art guide, we have a special art guiding course.

If you are interested in being guided, please contact us. Private sessions are also available.

.

.

Translated with http://www.DeepL.com/Translator (free version)

.

.

#Kunst

#Arte

#Kansei

#Artlosophy

#Philosophy

#Indian_Vedic_Teaching

#Yoga

#色彩

#美術教育

#芸術

#ヨガ

#心のヨガ

#心の健康

#感性教育研究