研究室

Art de Communication and English Book Publish

UK : Derek Clements Croome ; Professor of Queen Mary University , Reading University of London

Turkish : Turhan Cetin ; Sculptor / Professor of Haseteppe University

Nigeria: Uzoma ; Artist / Painter

Bhutan : Tandin Wangchuk ; Music Artist / Singer / Poet/ Philosopher

Facebook には、

何度か投稿したが、

カタール帰国 以来 、思考の枠組みが拡がり、己れのやるべきことの方向性が 明確になりつつある。

日本に居ながらにして、インターナショナル展覧会とシンポジウムを企画する、その前にEnglish で出版を、という風に。

人生は 誠に面白い。

明日、自分が何を考えるかさえ、わからない。それは 人生の新しい1ページをめくる。

私にとっての人生における最も高い 目標とは、家を持つことやお金持ちになることではなく、

自分独りで出来ないことを、色々な人と、気持ちを豊かに一つにしながら実現し、かつ、それを未来に継承すること。

それは、一人ひとりの存在が持つ、特徴とも個性とも働きとも言える、宇宙を幸せに調和させるエッセンスが、煌めくことではないかな。

それを心底 実感、認識、出来るとき、自分の考えだけが、正当ではなく、( 例えばArtlosophy だけが 素晴らしい! みたいな考え方に陥らず) 人々の働きや個性を、よくよく 認め、尊敬、尊重できるようになるのだろうね。

Derek 教授から、共著の話を以前聴いたとき、遠い未来にそんなことが出来たら、素敵だとは思っていたけど、あまり 高いハードルに感じないで、今取り組んでいる私がいます。

Canada : Carlos; Artist Painting , Sculpture

Singapore : Gloria ; Artist Painting

Japan: Kouma Takashi ; Journalist

Japan: Artist, Painting, Sculpture, Video Art, Curating Cecilia Kaoru

Spain / Germany: Amalia Gili ; Artist , Painting

Cuba/ Panama/ Holland : Maylin Curator, Director

研究室

◉心を紐解き 感情に寄り添い 思考の枠組みを壊す感覚体験とは

.

感覚体験が

知的に認識され

感覚と知性と身体が統合されたとき

思考をパターン化させてる枠が拡がり

思考行動 パターンが変わる。

by SDE Study

Self Design Elevation Study by Artlosophy

copyright ©︎ SDE Artlosophy

巷にあるような、他人の認識に基づいた知識や

ノウハウをいくら沢山頭に詰め込んでも、自分には機能しないのは、そこに、自分の体験が無いからです。他人の話を聴いて感心感動しますが、

自身の体験による感覚を掴まない限り

自分に落とし込めないものです。

.

.

私たちは 知らず識らずのうちに

同じ 感情思考パターンに基づいて物事に対処していますね。

感情思考パターンとは具体的にどんな種類があるしょうか? 大きくは 以下 三種類。

1: いつも同じパターンで感情を表している

2: 似たパターンで解釈し、思考する

3: 反応で同じパターンの行動をとる

.

もし 、今 何処か不自由だったり

何か 足りないおかしい と感じていたり

次の次元へのシフトの必要性

などを感じているなら、

あなたの感情思考パターンを、

丁寧に 見直す必要があるかもしれませんね ✨✨✨✨✨😊

.

Cecilia 自身、感情観察と、思考の枠組みの脱皮 を常に意識しています。…. 一度 学んだことは 一つの方程式のように記憶され、慣れ親しんだそれを使いたがります…….

しかしそれでは、思考パターンの枠組みを超えた体験や、新しい生き生きした現実に結びつくことは 稀。

というか パターン化された視点しか 持たないから、バージョンを上がりつつある現実に、気づかないで従来のパターンで 物事に対処しようとする場合も、、実は かなり あるわけです。

同じ現実は 二度と 起きない、いつも 新しいことが起きています。だからこそ今 必要なことを 今 掴みとる感覚が 今、必要なんですね。

.

その 感覚を 研ぎ澄ますのが

目に見える形に 残せるアート体験であり、

心を紐解くセオリーです。

.

このような セオリーに基づきアートを体験するとき、あなたの内側は 変容し、

感情思考パターンが 破壊され、新しい枠組み、大きな枠組み、型が異なる枠組みが生まれます。

真のアーティストや 世の中のいわゆる 成功者と言われる方々は、いつも このように思考パターンを壊して 新しい枠組みを創り続けることを 当たり前に行っているんですね。

.

……………………………………………………

先日のリトリートでは、

私自身の感覚体験も非常に深く、古い思考の枠組みを壊し、新しい枠組みを創りました。

統合の次元が 少し上った、と確認しましたが、

参加者の皆さんの 一致した素晴らしい感想文からも、この研究の方向性に 自信を持てました。

有り難いことです!

このようなセオリーを知るガイドに基づいたアートの感覚体験は こんな風に 人間を根本から成長させてくれますが、今 日本政府は 重きを置いていないようです。感覚教育が減ると 創意工夫出来る人が減る、という事です。

このようにアートによる感覚体験で思考パターンを壊す事は、誰にでも、どんな分野で仕事する人にも 必要だな、と感じています。

.

( これは 感覚体験があればよい、という意味ではなく、同じ感覚体験を繰り返してもそれが、ある次元に 自分のパターンを縛り付ける原因になっていたります。自分をパターン化させる感覚体験もあるわけです。そのパターンを変えるには、セオリーと感情の観察は 非常に重要だ、ということです。)

参考に 以下 参加者の皆さんの声をご覧下さい ☺️✨✨

.

.

◯ リトリート体験者の声 ( 今回の参加者の皆さま) https://sdeart.com/⭐%EF%B8%8F-リトリート体験者-の声/

◯ 体験者の声 : ワークショップ、セッション、コースより https://com3470.wordpress.com/体験者の声/

.

.

.

.

研究室

緩め 委ねる、自分に主体を置きながら

◉ただいま❣️^^

( 私たちが帰える場所は同じ?)

頭脳で考えることには

限界がある

徹底して心を識る

心を整える

.

今回のリトリートでは、

出来る限り、参加者自身の感覚で、体験を深められるように、

を主軸に ワークを準備し、

セオリーを伝えられるよう 心をくだきました。

ガイドは ガイドであり、ガイド以外は出来ない。

ワークを行い、セオリーの理解を深められるか どうかは、本当に、本人次第ですから。

( そんな中、参加者の皆さんからは、素晴らしい感想文を頂きました。それは 別のページでご紹介します。)

“ 豊かな自然の中で リラックスと集中”

夏休み 自分と出会うミニリトリート8/25, 26 2018

Truth Gathering with Cecilia K Space 空 Presents

が、終了いたしました。

想像以上に素晴らしい、深い気づき

これまで体験したことのないあたたかな一体感

#とてつもない安堵感 を体験し、素晴らしい #peacefulな時間と場 を 皆さんと共に作ることが出来ました。

今回のリトリートでは SDEの研究の目指す、トータルに感性を磨く総合的ワークとそれに付随したセオリーのレクチャーを実施しました。

これまで やりたくても中々環境が整わず、出来なかったワークを実施することが出来、参加者の感想からそれなりに成果が生まれたことも確認でき、今後の研究は深まりそうで、私の作りたい世界観、方向性が明確になったようで、とても嬉しいです。

Space 空さん 、

ご参加頂きました皆さん

心より ありがとうございました😊

.

.

◉ 実施内容 一部 ご紹介します。

Vegan Cooking Work (精進料理を皆で自炊。五感全部)

Voice Work ( 内観、聴覚、想像力、創造性 )

Discussion Work ( 内観、傾聴 、創造性)

Dance Work (内観、心と創造性、身体と自然の繋がり)

Image Work ( 内観、想像力、身体と宇宙)

Color Work ( 内観、視覚、聴覚、想像力、表現力、自然との一体感)

Interview ( 内観、知識の認識を深める )

Self Home Work (内観、自己認識、自身への問いかけ )

+ ワークごとに必要なSDEセオリー

心とは/ 自然とは/ 心と自然の関係性

3つのエゴ/ 心の観察 /主体性について

一見して沢山に見えますが、人間は本来、宇宙と統合した存在で、本質的に、幸福や充足を体験すべく、知性と感覚の総合力である感性が働いています。

そこで なるべく [一つのこと = 自分の心と自然との関係を知り、心を調和した目的のために 使えるように 集中した、ワークとセオリーの体験 ]を、心がけました。

◉ ワーク体験の感想 他

ダンスワーク、イメージワークでは、

全員が深い 安心や安寧、穏やかさ 温かさ、心の拡がりを感じられたようで、とても深い調和のエネルギーを感じられて、深い一体感を味わうことが出来ました。まさか、ここまで体験出来るとは思っていなかったので、大変感動いたしました。

同じテーマの発展系で、カラーワークを行いました。セオリーの理解に基づいて、一人ひとりの個性と気づきに満ちた、みずみずしい作品が生まれました。

開催地、スペースがまた、素晴らしく、そのエネルギーにも後押しされました。

おざくさん 管理人の鈴木さんを真ん中に 最後の記念撮影

お世話になりました。

ありがとうございます。

#石裂山瞑想の家 #SDE_Study #CeciliaK

https://sdeart.com/体験者の声/

研究室

心に決断を委ねては ならない! .. 何故なら…

◉ 心の有様が自然に映る?

.

最近、また よく深まった理解は、自然は心をよく反映してる、という事。

心、つまり感情の在り方が、観え方、体験を変える。この繋がりは、心の持つ力を深く知らないと感じられ無いと思う。

.

その心を深く紐解くには、

まず自然と接する時間を沢山持つ事から 始まる。

それがある程度出来るようになったら、次の段階があるとわかる。

やがて、心には限りない無限の可能性があることがわかってくる。

何しろ、豊かで幸せな人生を送るには、心を知り心を整える、それに尽きる。

自分が今体験することとは、自分の心の有様そのものなんですね。

.

この絵画は、人間の心、在り方を示しています。

青い肌の御者はクリシュナ神であり私たち一人ひとりの魂のシンボル、

後部座席、乗り手は王様で純粋な心のシンボル、

馬たちは、御し難い 五感の楽しみを表しています。

御者= 永遠の( 変わること無き実在 ) 青を纏った、魂だけが、

純粋な心をコントロールできる存在として、描かれています。

.

.

五感は 自然、世界を認識する手がかりですが、楽しみに 身を委ねると、魂の声が聞こえなくなります。

心は五感の影響を受ける、

自然そのものだから変化します。

心に従ってはならない、

というのは

心を整えるのは心ではない、

魂である、そう言う理由。

.

昔から、女心と秋の空、と言いますが、その通りですよね! 笑

人は皆、心ではなく、不変の実在、魂に主導権を渡す時、

その人にとっての、

真に輝ける道を歩むことになるようですね。

.

見かけの華やかさ、

五感の楽しみを超えた、

魂の道を歩めるようになるでしょう。魂の道を理解できるようになるには、セルフイメージによるものが大きい。

五感の喜びは うっとりします。

でも その楽しみを人生の真ん中に置く人は永遠には行き着かない。

.

真に他者への愛に目覚めた方だけが真の魂の道を歩むようになるのですね。

.

.

その識別を助けるのは菜食生活です。舌に美味しいもの、五感を強く喜ばせるものは、識別力を低下させます。魂の道を歩みたい方は菜食が 確実な道です。菜食をしていないと 一度得た理解も薄れ、成長は遅れてしまいます。

そんな方たちを身近に観てきました。なかなか 理解が進まず、苦しんでいたようです。または、五感の喜びに浸り、自分の状態の判断がつかなくなってしまいます。

.

菜食は心を整え セルフイメージ、本来の魂の道が見つけやすくなります。

身を守り、あらゆる理解を深めます。

是非、セオリーの学びと共に実践し、感性を磨いて下さい。

.

プラクティス とセオリーはセット、ですからね。^^

.

Veda には、サグナ( 物質レベル)

ニルグナ( 魂レベル)

と教えが二種類あります。

SDE Study は、ニルグナを中心に採用しています。苦しみから解放される、本当の魂の道をサポートすることです。

五感の楽しみを主に追い求める人

いわゆる自分だけの幸せや、

この世的成功だけを願う人には

サグナを教える方に学ぶと よいでしょう。

実は、ニルグナを学ぶことで、

サグナの成就は自然に到達するのですね。

研究室

心を解く 大切さ

心に翼を

最近の人は よく学ぶ。けれども 本当の遊びが足りないかもしれない?

週末のリトリートを控え、最も大切な事は心の準備、心を解く事ではないか、と再確認する。

音楽やアート、文学は、そんな為にあるのではないかな?

そういった 文化との親しみ方で、その人の価値観は観えてくる。

それは、自身への自覚や 人生の中での ライフワークの課題への取り組み方さえ 浮き彫りにする。

.

心が明るく 朗らかである時 、

その人の心は健全だ。

心には 頭では想像もつかない力が持たされている。

.

いつも 明るく、

調和のエネルギーに浸るために

心を解き、

心に翼を持たせてくれる、

文化的活動に親しんで下さいね。

.

.

写真は アルパハープを奏でる友人の誕生日に描いた絵 の一部分。少し 差し上げるタイミングが遅れてしまったのですが 、天から音符が♫🎶降りてくるのを 心は待っていたのかな。^^

研究室

真のリーダー教育とは?モンテッソーリ、ジョブズに閃きを与えたインド哲学。

【本当の世界的リーダーと言えるのは本当は全員がリーダーだと知る方】

鳥の群舞。

変化に対応し、決してぶつからない鳥たち。あれは一羽ずつがリーダー、という認識をもつかもつからだとか。

人間も出来ないわけが無いですよね。

その可能性を引き出すのは

集中の中で

五感をフルに使う遊びにあります。

私たち人間には 頭脳の計算を超えた領域と

繋がる感覚を開いた時に 

大きな可能性が開きます。

さて、ここからが今日のメッセージです。

                          ◆

慈愛に満ちたアプローチで、

人間の根幹を大切に育てるモンテッソーリは

意外なことに インドと深い関係があった。

モンテッソーリの教育は

今では、人間の主体性やヒューマニティーを育む教育として

真の人間を育てたいと願う人にとって魅力的なもの。

日本でも 我が子に学ばせたい、と人気がありますね。

しかし、子どもに限らず 大人にも

今から始めても良いくらいです。

その、彼女のメソッドの基礎は

インド哲学にあります。

彼女と交遊し インドの叡智を伝えたのは他でもない タゴール。

アジア人として初めてノーベル文学賞を受賞。

ノーベル経済学賞受賞した、

アマルティア センは、

タゴールの学校で学びました。

アインシュタインもタゴールと交友がありました。

その タゴールは

インドの生きる叡智、Veda、インド哲学からモンテッソーリを観て、賞賛していたのでは ないでしょうか。

以下、タゴールの名言をご紹介します。

.

2016-03-18 10:12 旧ブログより

              ラビンドラナート タゴール

間違いを犯すのを怖れて、

戸を閉ざせば、真実も締め出されてしまう。

危険から守り給えと祈るのではなく、

危険と勇敢に立ち向かえますように

Let me not pray to be sheltered from dangers

but to be fearless in facing them

痛みが鎮まることを乞うのではなく、

痛みに打ち克つ心を乞えますように

Let me not beg for the stilling of my pain,

but for the heart to conquer it

人生という戦場で味方をさがすのではなく、

自分自身の力を見いだせますように

Let me not look for allies in life’s battlefield

but to my own strength

不安と怖れの下で救済を切望するのではなく、

自由を勝ち取るために耐え忍ぶ心を願えますように

Let me not crave in anxious fear to be saved,

but hope for the patience to win my freedom

成功の中にのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、

失意のときにこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように

Grant me that I may not be a coward, feeling your mercy in my success alone;

but let me find the grasp of your hand in my failure

出典 

http://estorypost.com/名言・格言/タゴール名言/

いかがでしたか?

モンテッソーリは、インドから一体何を学んだのか?

インド哲学とモンテッソーリの教育と

どんな関係があるのか?

ジョブズを始め、モンテッソーリにまで深い影響を与えています。

インドの叡智は

普遍性に基づく教えです。

グローバルな時代に必要な

ユニバーサルな意識を育ててくれる、真のリーダー教育へと繋がります。

.

.

以下 参考文献写真

次回は、SDEから観て、

モンテッソーリ教育を紐解いてみましょう。

お楽しみに。

copyright ©︎SDE Study Artlosophy Juma.

.

研究室

SDE Study Voice Workshop Report : at 2018 Aug 10/11, 桑沢デザイン研究所 同窓会主催 夏期特別講座

◉ 自分の本質に還る二日間

桑沢デザイン研究所 SDE 夏期特別講座 8/10,11

Self Design Elevation Voice WorkShop レポート

Guide 講師 齋藤セシリアかおる

copyright ©︎ SDE Study by Artlosophy Juma.

.

今回は、これまでのアプローチに加え、

演劇的な手法を取り入れながら 実施。

日頃から、心を紐解く習慣を重ねてきたことで、

新しい次元のワーク、アプローチに繋がり

受講者の皆さまには、これまでとは 明らかに異なる成果が見られました。

SDE Study 独自の、

『 哲学を基盤にした問いかけと創造性を引き出す五感のワークの一つ一つ 』 は

クリエイティブ/( あらゆるフィールドに及ぶ ) デザインに影響を与える、[ 自分自身を成り立たせる内面 :自身の個性、らしさ、資質、感情、思考パターン、記憶、等を知り、[ 自信、コミュニケーション力を高め、また 現在の課題 ] に気づく最適なアプローチです。

その中の一つボイスワークも、

大変深く広く、しかも目には見えない心をダイレクトに扱います。声の分野だけで掘り下げるこのワークを、セオリーと統合する研究が、デザインを意識する人にとって、役立つものだとの実感出来たことも、良かった。

…………………

感情表現、声色には、

その人の信じていることや、

現在の思考の流れ、

自己認識、価値観の全てが色濃く出る。

.

表現は、しよう しようとしても、

感じていないなら、決して出来ないものだ。

意識してないことは 声には乗らないし、

演技は 空々しいし、リアリティはなく、

態度にも 現れてこない。

もし、表現に 不自由さを感じるならば

意識の持ち方、方向性、目的、

気づいてない 恐れ、迷い、執着に

気づかないと ならないだろう。

感情を抑えている思い込みにきづく時

等身大の想像がリアルに拡がる時

確かな気持ちを確認している時

自分と媒体に距離が無くなる時

表現する者と聴く者との間に一体感が生まれた時

.., ぞくっとするほど、

豊かな、あなたらしい 世界観が 立ち現れる。

今回は そんな 場面が あった。

.

◉ レポートに頂いた 感想

London Reading University/ Queen Marry University Proffesor: Derek Clements-croome

Thank u dear Cecilia for this

I like the multi sensory approach

U adopt As I do in my new Flourish model

Now writing a new book

Some Do Alexander technique.

You lead a blessed life

Very wholesome

Warm embrace

Happy day to u

.

.

◉受講者 から頂いた感想をご紹介

『 人間の在り方、平和の実現、、、などなど、

目標としていることと、現実との乖離を埋めて行く方法がSDEには、有りますね。多くの方々に伝わる事を願います( ^ω^ ) 良い2日間でした。

お陰様でまたまた進化出来そうです)^o^( 』

.

.

受講者の方には、

❶ マインド、自己、仕事、人生、環境、社会全体をデザインする ツールとしての SDE のコンセプトと、

❷ ワークとセオリーを意識化する習慣が、デザインを創造する 基盤となる感性を磨き保つ、という大事さ.

❸ 観察やワークの際に、完全に主体を自分に置くことで、心身の重心、心の中心、生命の源、存在感が 深まる、

これらが、しっかり 伝わったようで 大変嬉しく思います。

今回は とても少人数でしたから おかげさまでみっちりできました。

最初は戸惑う方もいましたが、それにより内面を知る、という課題が明確となり、やがて リラックスと集中を味わいつつ、私もあらたなアプローチを試すことができ、今後の資料作りの切り口も明確となり 研究が一段深まるとてもよい機会となりました。 ありがとうございます。

これからも精進して参ります。

.

.

.

Artist / SDE Study founder , Guide

Indian Veda Researcher ( Sankya Yoga, Raja Yoga)

齋藤セシリアかおる

https://sdeart.com/🌏-greeting-ご挨拶/

◉ 創造性を引き出すSDE Study サービス:

・ 個人/ガイド指導者コース

・ ワークショップセミナー

・ミニリトリート

・パーソナルセッション

・ 企業/学校 単位教育プログラムサポート

お問い合わせはMenu Contact より

.

Google Translate

– Two days returning to your essence –

Kuwasawa Design Institute Summer Special Course

Self Design Elevation Voice WorkShop Exit

Guide lecturer Saito Cecilia Kaoru

(^ ^) ✨✨✨✨

This time, in addition to the approach so far,

Implemented while incorporating theatrical methods.

From the usual point of view, through repeated habits of unraveling our hearts,

Work on a new dimension, approach

There were clearly different results for all the students from the past.

SDE Study original,

“Each one of the five senses work that brings out philosophical-based questions and creativity” influences the creative / (all fields) design, [the inner surface that makes your own inner: its own personality, the likeness, the qualities , Emotions, thought patterns, memory, etc., and is the optimal approach to noticing [confidence, enhancing communication skills, and current issues].

Voice work is also very deep and wide, and it deals directly with the invisible heart. It was also good that I realized that research that integrates this work with theory in the field of voice alone is useful for people who are conscious of design.

…………………

For emotional expression, voice tone,

What that person believes,

Current flow of thought,

Self-recognition and values ​​are all outstanding.

.

Expression, trying to do,

If you do not feel it you can never do it.

Things that are not conscious do not ride the voice,

Acting is vanity, there is no reality,

It does not appear in attitude either.

If you feel inconvenience in expression

How to hold consciousness, direction, purpose,

Fear, stray, obsessed noticed

You will not have to notice.

Time to notice emotional suppression

When life-sized imagination expands to real

When you are confirming a certain feeling

When there is no distance between you and the media

When a sense of unity is born between the person who expresses and the person who listens

.., more thrilling,

A rich, worldly view that seems to you appears.

There was such a scene this time.

.

.

◉ Introduction of impressions received from participants

“People’s way of life, realization of peace, etc.,

SDE has a way to fill in the gap between goals and the reality. I hope that it will be transmitted to many people (^ ω ^) It was a good two days.

It seems that you can evolve again because of your gratitude) ^ o ^ (”

.

.

For students,

❶ Concept of SDE as a tool to design mind, self, work, life, environment, society as a whole,

❷ The habit of consciousizing work and theory is the importance of keeping the sensibility as the foundation of design creation.

❸ By placing the subject completely on himself during observation and work, the center of gravity of the mind and body, the center of the heart, the source of life,

It seems that these are well transmitted, I am very happy.

This time it was a very small group so I was able to do it all over.

Although some people were confused at the beginning, there was also a person who was confused at the beginning, but the problem of knowing the inner side was clarified, and eventually I could also try a new approach while tasting relaxing and focusing, the cutting edge of future material creation became clear It was a very good opportunity to deepen one step further. Thank you very much.

I will continue to devise from now on. (^ ^)

Happy Sunday ✨✨✨✨💓☺✨✨✨✨💓

.

.

.

Artist / SDE Study founder, Guide

Saito Cecilia Kaoru

◉ SDE Study service to bring out creativity:

· Individual / Guide Instructor Course

· Workshop seminar

· Mini Retreat

· Personal session

· Corporate / school unit education program support

Contact us

.