研究室

DNAと意識と : Sunday 哲学 by Artlosophy 感性教育研究

こんにちは😃

理論と実践でマインドデザインを完成させる

Artlosophy 感性教育研究

マインドデザインマスター

Artist/Designer

齋藤セシリアかおるです。

最近は、読者登録をして下さる方が増えてきたので、ありがとうございます。

Sunday 哲学 というコーナーを設けることにしました。

今日のトピックは、

遺伝子と意識、について、

Artlosophy の研究から少し お話しします。

遺伝子、と聞くと、

ほとんどの人は、親、血族の遺伝、と考えてることでしょう。

しかし、

地球が昔、平らだと考えられていたが、今では丸い、とわかったように、

今日のトピックは、科学の知識ではなく、どちらかといえば、

問いかけのきっかけの掴み方に通じます。

皆が 知っているように、現在の科学の知識は、必ずしも 真実と一致してるとは限りません。今までわからなかったことが、ある時期が来て、突然解明されたりします。

科学信仰、に限らず、自分が信じ込んでしまっていることを、この機会に 見直してみて下さい。

私が、何故、インド哲学を深く研究してきたかは、そんなことも、理由です。

インド哲学は、

かなり 知識量が多く、さらにそれは

簡単に受け入れられない、情報レベルではない とても深いものです。

また、常識をくつがえすものや、やはり そうよね!と 自分の疑問に 答えてくれるものもあります。

しかし、その姿勢は、非常に科学的、

とも言えます。

さて、今日のトピック、

遺伝子と意識と、ですが。

インドの叡智から観ると、究極を言えば、同じ周波数を持つ者同士が、響き合い、家族として生まれてきた、とあります。

それを、別の次元では、カルマ、また、科学的には遺伝、と呼んでいるわけです。

インド聖典は一生かかっても読み切れない膨大な量だから、その全てを私はまだ読破してないなか、私が 行っている研究は、システムを解明することで、それを 日常に役立てることです。

物事に遭遇し、それを認識、理解する際に インド聖典では このように、しています。

聖典にある

経験、体験がある

類推してわかる

しかしながら、

これらの解明の仕方は、

意識の基準値が かわると、

変わってきます。

これが、例えば、

セルフイメージの 思い込み方

により、物事の見え方が、変わってしまうのに、似ています。

また、

ライフスタイル、満足のゾーン、人生の目的、などなど、

全ては、

意識の基準値が、決定します。

こう言う事と、実は遺伝子も、病気も、才能も 関係があるわけです。

遺伝子の組み合わせは、

遺伝子の鍵を開くか どうか、

それは、

自分の意識次第である、

という事。

ご都合主義、という事ではなく、物事の本質の捉え方が、未来を決定します。過去の出来事は、変わらないが、未来を変える思考の周波数を発することができるようになる、は、こう言う事に、あります。

感性教育研究は、インド哲学そのものではなく、その背後にある システムを解明して、日常に活かしてゆく、自力と宇宙の他力を結びつけるものでもあります。

では また!

感性教育研究家

Artist /Designer

齋藤セシリアかおる でした。^^

明日は、インド人のゲノム研究の第一人者に、お会いすることになりました。 今日のこの話しを、Discussion してみますね。^^

ご機嫌よう!

Happy Sunday ✨✨✨😃🌸💕🙏

セシリアのインタビュー はこちら。^^

お楽しみに!^^ 少し、長い。

一時間もあります。

でも、足りなかったけど。

Facebook link of Saito Cecilia Kaoru

Artlosophy 感性教育研究

マインドデザインマスター

もうすぐ 音声コンテンツを

ご紹介します。メルマガも準備中です。

気になる方はメッセージをして下さい。

📩 Contact / Artlosophy ガイドProfile

https://shopvida.com/collections/ceciliakaoru1111

↓ ↓ ↓

CECILIA K Works SHOP in VIDA

こちらは英語オンラインショッピングです。

お買い物はPayPal/ Credit, Debit Card にて

できます。ご自分のブティック、サロンで

販売したい方も、ご相談下さい。

Cecilia K Interview 番組

2018 千葉コミュニティテレビCecilia Kaoru Interview

https://m.youtube.com/watch?v=NKaApt9dyAs&list=PLMJ8Ni0eIOF9oSYlMNLhzQ-qunaQ2_82L&index=8&t=3328s

Copyright © Artlosophy and Cecilia K 2019-2022

Artlosophy 理論、Cecilia K website 文言の使用は、当研究会の公認ガイド以外は、如何なる理由であっても、情報の独り歩きと未熟な理解による誤解を避ける為に、コピペ、無断使用、リンク案内無き転載はお断りしております。ご了承ください。

研究室

純度を保つ

○高千穂の石の現象とあらゆる創造は 似ている、
なんて考えていた …

ある波長と波長が同調して
現象を起こすから。✨✨😃

.

 

.
高千穂と言えば、先日頂いた 平井さん開発した 高千穂の石を仕込んだ 美味しい水。あの水の美味しさだけでなく、あの石の波長のエッセンスを全て、受け止められる人は、どれだけいるのだろうか?

結局は、人間の意識なんだね。
久々に、石を使いこなすのは 人間の意識なんだと、考えた。

.

一般的な人々は、
水の中の不純物や、農薬のかからない野菜には敏感だが、
口にする食べ物の純粋性に
気を払わない方が多い。…

食べ物は、作られる過程で、
栄養素、成分だけでなく、全てのエネルギーが 混入している。
つくる人の優しさはもちろん、その反対の憎しみや悲しさも。

肉が、ソーセージが、ステーキが
焼き鳥が、どんな過程で作られたか、想像して見ようよ。

特に 不思議なのは、
ヨガ、スピ系の方で
気にならないのは、何故だろう?
食べ物は、精神性を清らかにする、最短の道だが。。

結局は、目指す高見、
人生の目的、目標が違うから、
仕方ないのだろうか。

私は、自分の制作物に不穏なエネルギーを入れたくない。だから、動物を食べない選択をしました。

最近、
よく聴くのは、
“ 善悪の判断をせず、すべてありがたく 頂くようにしてます。”

それでも、食べたもののエネルギーは、取り込んでしまうよ。。

No ! ということで、
高い文明とは 何か、という基準を しめすことも、できる。
なんでも 受け入れていては、純度は保たれない。
それは、極論を言えば、差し出されたら、人間の死体でさえ 食べる、というのと同じだし、
私たち 存在は、みんな繋がっていることを忘れている。。

動物を殺すことが、
世界にどんな 無駄で、残酷なエネルギーを撒き散らしているのか、 想像していないようだ。。

ビーガン、という選択無しに、
私は 自分の藝術、作り出すエネルギーを 純粋に保つことは 無理だと思う。

すると、
“ 無理だ想うことが 現実化してるのよ。”
と言われましたが。笑笑

.

宇宙の法則を真に理解したら、
ヒーラーやら、セラピストやら、
Artist , 音楽家は、真っ先に ビーガンになるでしょう。

まあ、そんなわけで
私は ビーガンです。

最近、ノーベル平和賞にノミネートされた 女の子は、ビーガン。

戦争が無い、
世界の本当の幸せ、のために、
人間より 弱い立場にある動物を利用しない、奴隷にしない、虐待しない、食べない選択は、分かち合いの心を 簡単に広げるよ。

難しい 手続き、システム変更、
法律の改定、反対運動も要らなくなる。
ビルゲイツは、Plant Base Meat を開発、Twitter 創業者も 出資したんだね。 世界の尾根から 見下ろして、食べ物、食べ方を変えることで 平和に貢献しているんだ。

せめて、一週間に一度、
肉食を減らしてみない?
年間で、1万人の飢餓を食べさせてあげられる、というデータがあるときいた。

畜産には、沢山の穀類を使います。世界中に今も、その穀類を食べられず、飢餓で亡くなる人が沢山います。
日本は 最大の穀類輸入国です。

.

ブログ, 研究室

夏休みArtlosophy 講座 桑沢デザイン研究所

◼︎ デザインには何故、哲学が必要なのか
Needs Philosophy to Design Works , Why

-Post Design Thinking –
デザインの背後にある哲学を識り体験する二日間

For Designer ,Creator, Educatior, Communicator , Therapist, Artist

○ 桑沢デザイン研究所
2019夏期 Artlosophy 特別講座
主催 : 桑沢デザイン研究所 同窓会 同企画 主管者 由良万紀子

講師 Artlosophy 研究者,Guide/Artist
齋藤セシリアかおる
Artlosophy ガイディングサポーター
由良万紀子

哲学がデザインの背後にあり、創造性に影響を与えているとしたら、その姿勢が果たして自分に身についているのだろうか。
それは、自分のチームに認識されているのだろうか。

By
Art &Philosophy Integration
Artlosophy 感性教育研究Harmonized Environment of Mind

—- 自分のクリエイティブを支えているマインド環境を振り返り、哲学的思考をデザインに活かしたい方の為の二日間です。

.
………………………………………….
○そもそも 哲学ってなんだろう?

今から 数十年前の某美大の入試問題には、哲学論文があったそうですが、ご存知の方はどれくらいいるでしょうか。

哲学、と聞くと難しい印象を与えがちですが、真実は至ってシンプルです。

それは、誰もが持っている
考え方、のこと。

良き哲学的思考とは、ものごとを鵜呑みにせず、新たな切り口で 捉え直そうとする、問いかけの姿勢。

それは、難しく考えることではなく、哲学者の名前や用語を覚えることでもなく、モノコトををシンプルにする思考を支える底力であり、想像を掻き立てる実践です。
哲学している時間は、自分自身や物事の捉え方を支える力、物事の根本や本質を見抜く、デザイン創造の種の発芽する瞬間と言えます。

.

○ 哲学的思考が与えてくれるもの
哲学が無いとどうなるのか。それが、デザイン、社会、暮らしに、どういう影響を受けているのか。
.
少なくともこの一世紀の間で、活躍をしているデザイナー、クリエイター、教育者たちには どんな哲学があったのか、それが彼等のデザインにどんな影響を与えてきたのか。

残されている文明のかけらから、類推できる哲学は、どんなものがあるのでしょうか。

.

.

○ マインド環境を整える哲学

人間はことごとく、環境に左右されます。そこで、「デザイン環境を作るのは、マインド環境であること」、それを忘れることは出来ません。

デザイナーは、デザインの手法だけ学んでも、良いデザインに結びつくとは限らない。また、長続きするデザイナーであるには難しい。

哲学を生み出すマインド環境、在り方とは一体 どんなものか。何をどうすれば よいのでしょうか。

.

.

○Artlosophyとは?
Art とPhilosophy を掛け合わせた造語 : 五感を使ったワークと、問いかけ力を育む哲学的セオリーの融合。 主体的に行動改革を促す、デザインの元となるマインド環境を整える、実践的行動哲学研究
詳しくはリンク→ https://sdeart.com/🌏-greeting-ご挨拶/

○プログラム内容
⚪︎ 一日目 レクチャー&ダイアローグ
デザインの背後にある哲学基礎
・何故哲学が創造性を高めるのか / 哲学がデザインに影響を与えた実例を紐解く 他

⚪︎ 二日目レクチャー&ワークショップ
レクチャー; 哲学的マインド環境を整える五感とマインドの認識、他
ワーク: 問いかけを生み出すマインド観察ワーク

中身決まったので早めにお知らせ
日程 、受講費など 詳細決まり次第 再アップします。

 

 

研究室

良い文明を築きたいという意識が、自分の目標、パフォーマンスを高める

高い目標こそが、高いレベルの結果を生み出してくれるものですよね。

.

私たち Artlosophy の研究者は、大切な環境とは 内面、つまり 思考が生み出される心に因がある、と捉えています。

何故なら、心の中の環境が思考( 言葉 ) を生み出し、環境を作ってゆく青写真となり、原動力になるからですね。

より良い文明を築きたいと願う、高いレベルの思考をキープするためには、ライフスタイルの改善、

価値観の見直し、思考パターンの見直しが必要ですが、

ノウハウを学ぶと言うよりも、

今の自分の状態、

現在の環境、

改善のポイントやタイミング

基準

全体調和の振動数、

などに気づける感性を養うことが

求められますね。

感性の度合いとは、

感覚とインテリジェンス、身体を統合した 、創造を生み出す 、心を熟知し、自分をナビゲートする総合力 発揮の度合い、と言えます。

.

.

Artlosophy は、

哲学的セオリーと、

五感を使う 様々なワークを組み合わせ、

心を中心に解明し、

自分の専門性と全体を見渡しアクションを起こせる、

循環的、

多方向的、

多次元的に、

あらゆる分野の専門性に繋がる感性を磨き上げる 研究を行っています。

.

.

Photo : Sample Cover of Artlosophy Book

写真は、環境工学博士 Derek Clements-croome ( Reading University of London 名誉教授/ Queen Mary University 客員教授 ) の共著 の表紙のサンプルです。

これで、決定、ではありませんが、 これを見て、かなり 安心しました。

最近は、世界的かArtists やDerek 以外にも、ナノテク、エネルギー開発分野の持続可能を追求する専門家に出会いました。

未来、地球にとり、素晴らしい文明を築くには、あらゆる分野を統合的に 思考し、まとめ繋いでゆく創造に結びつけようとする方が必要ですね!

個人の目覚めからスタートし、

それをクリアした皆さんと力を合わせ、素晴らしい地球環境、社会環境に整えてゆきたいと思います。

私は 主に、

藝術、教育の分野から

サポートを行っております。

今年の夏も、

日本で一番初めに出来たデザイン学校、桑沢デザイン研究所、夏期特別講座の講師を務めます。

詳しくは また、後日、お知らせいたします。

Artist / Artlosophy founder

齋藤セシリアかおる

http://jumacecilia.simplesite.com/

.

○Art & Philosophy Integration

感性の教育研究 Artlosophy

Harmonized Environment of Mind

https://sdeart.com/

.

( Civilization 文明、開化、という言葉は、具体的で明解な社会、文化の在り方、方向性を示せますね。最近、出会って、学ばせて頂いている 平井さんは、文明という言葉を大切にされています。私も、それにならって。ありがとうございます😊 )

#Civilization

#Harmonized_Environment

#Artlosophy

#Self_Design_Elevation_study

.

.

ブログ, 研究室

感性を磨きたいなら自分に集中

 

脇目もふらずに自分に集中

世の中の抜きん出た才能を開花させ、世の人々に役立つ何かを成し遂げた人達を見ると、共通する姿勢がある。

.

それは、

とことん自分の興味に集中した、というところ__ 

.

 

.

そんな私も、さらに、自分集中を高める為に、今年、色々な意味で、自身の2種類の活動: アーティストであることと、心を紐解く: 感性教育研究 Artlosophy 研究の携わり方の基礎を見直している。

その時に毎日毎日、意識するのは、

やはり人生の終い方。

それを踏まえずに、今日やることは 決まらないからだ。

.

焦らずに淡々と、2種類の活動のバランスをとり、制作や執筆、研究に集中。

 

 

.

アート活動を行うアーティストの意図は一人ひとり違うと思いますが、

私にとってのアート活動は 地に足をつけたものであること

が、望ましく、暮らしの中に .あるべきではないか?と考えている。

自分の感覚や興味に集中!

まずは、そこから、である. 

^^

それから、もう一つの活動、Artlosophy の研究は、バラバラになって横のつながりが見いだせない 分野と分野、業界と業界を繋ぐ、感性を最大限に磨く研究だ。

.

. 

◉何故、感性と、世界が関わりがあるのか?

この世界は、随分昔から、

私たち一人ひとりは、地球市民である、という感覚を失い、強者が弱者から奪うことが、当たり前のように、横行している。

( その中にあって、人間より弱い動物からの搾取は目に余る。ここを無視したら、その先には行けないが、気づかぬ方多し。

自分の専門分野のことしか、考えていない。。)

そうして、国と国、地域と地域、大陸と大陸、家族がバラバラにしたまま、存在させようとしていることで、世界中隅々まで、様々な不都合、不幸せ、過酷、差別、不和、戦争までが起きている。

そして

無関心、または、分野に留まり、問題と問題のつながりを見いだせないことで、改善策を見うしなってる方が殆どだ。

地球の在り方と、

個人一人ひとりの意識の在り方とは、全く無関係ではない。

多くの人が、新しいシステムを構築し改善し改革し、世界を変えようとしているけれども、

問題が問題を産んでいる。

システムをつくるその前に やることがあるのである。

そこに気づけるのが、感性であり、それを助けるのが自己の統合である。

自己統合は、

自分集中から 始まるのだ。

.

 

しかし、全体と自己のつながりを見いだせない 人が多数を占めるいるから、

偽の見せかけの自己統合しかおきない。。。

感性が 開いていないから、気づかない。。

.

二極化、お金儲け、有名性、などにつられて、本質を見失っている、という現実。。

.

国連の指針、SDGsは、ようやく発令されたが、

もし、自己統合への努力、感性を磨いていたら、暮らし方、欲望の抑制は 当たり前になり、

環境破壊する事業などは生み出さない。恵方巻き廃棄、クリスマスケーキや御節料理廃棄などの状況は 起きて来ない。

感性を磨くことは、

思いやりを育てる。

自分の感情に無関心、

無感覚な人は、世界に不幸な方がいても、気にならなくなってしまう。

感性は、

これほどまでに重要だ。

この Artlosophy 研究が

一般的になり、家庭や仕事場に導入されるには、一体どのくらい の時間を必要とするのだろう?

まあ、それは分からないけれど、研究と執筆に熱中していますよ。

^^

例えば、学校で出される給食、

大学や企業の食堂で出される食には、多くの問題が隠されている。

自分の分野に精通しているだけでは 足りない。不十分である。

何ごとにつけ

世界全体を考えて、

行動しよう?

#vegan 

#持続可能

#Sustainable 

#SDGs世の中結構本気

研究室

鎌倉岩瀬教室 アートロソフィ藝術アトリエ

地域密着ファミリー向け

SDE Study の、コアな

プログラムに入る前に、

気軽、ならし、ご紹介、体験、

のような感じのクラスを用意して

さらに、興味を持った方に

深く学ぶコースをご案内、みたいな、感じにしようか、と。

昨日、岩瀬の新しい会館で開かれた、南ヶ丘町内会の親睦会で、少しだけ 感性の大切さをお話しさせて頂きました。

地域密着型の、ファミリーが気軽に参加できるアトリエに出来たら、と思案中です。^^年明けに、無料体験説明会を行いましょう。

.

.

来年 早々に体験説明会を開催します。また 改めてご案内致します。^^

Happy Holiday ✨✨✨🎄💕💕💕💕💕🐕🎻🎂 #鎌倉 #岩瀬#Kamakura_art_english

#family_art #鎌倉ストレス緩和アートクラス #Artlosophy_sde #感性を育む

鎌倉岩瀬教室
感性を育むことに特化した藝術アトリエ 。絵が苦手、ストレス緩和したい方にも。子どもから大人まで大丈夫。

研究室

Art de Communication and English Book Publish

UK : Derek Clements Croome ; Professor of Queen Mary University , Reading University of London

Turkish : Turhan Cetin ; Sculptor / Professor of Haseteppe University

Nigeria: Uzoma ; Artist / Painter

Bhutan : Tandin Wangchuk ; Music Artist / Singer / Poet/ Philosopher

Facebook には、

何度か投稿したが、

カタール帰国 以来 、思考の枠組みが拡がり、己れのやるべきことの方向性が 明確になりつつある。

日本に居ながらにして、インターナショナル展覧会とシンポジウムを企画する、その前にEnglish で出版を、という風に。

人生は 誠に面白い。

明日、自分が何を考えるかさえ、わからない。それは 人生の新しい1ページをめくる。

私にとっての人生における最も高い 目標とは、家を持つことやお金持ちになることではなく、

自分独りで出来ないことを、色々な人と、気持ちを豊かに一つにしながら実現し、かつ、それを未来に継承すること。

それは、一人ひとりの存在が持つ、特徴とも個性とも働きとも言える、宇宙を幸せに調和させるエッセンスが、煌めくことではないかな。

それを心底 実感、認識、出来るとき、自分の考えだけが、正当ではなく、( 例えばArtlosophy だけが 素晴らしい! みたいな考え方に陥らず) 人々の働きや個性を、よくよく 認め、尊敬、尊重できるようになるのだろうね。

Derek 教授から、共著の話を以前聴いたとき、遠い未来にそんなことが出来たら、素敵だとは思っていたけど、あまり 高いハードルに感じないで、今取り組んでいる私がいます。

Canada : Carlos; Artist Painting , Sculpture

Singapore : Gloria ; Artist Painting

Japan: Kouma Takashi ; Journalist

Japan: Artist, Painting, Sculpture, Video Art, Curating Cecilia Kaoru

Spain / Germany: Amalia Gili ; Artist , Painting

Cuba/ Panama/ Holland : Maylin Curator, Director